上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の4月1日付で新NPO法が施行されました。特に新NPO法では定款上で理事の代表権を制限している場合には理事の代表権喪失登記が義務付けられています。
変更登記の猶予は10月1日までです。これを過ぎると未登記として20万円以下の過料に処せられます。
理由は一切通りませんので注意してくださいね。

私の担当しているNPO法人さんは、既に4法人が変更登記を済ませました。
通常は、資産総額変更登記との同時申請となりますが、前期と変更が無い場合には理事の代表権喪失登記のみの単体申請となります。

所轄法務局の窓口でも登記官によっては未だ混乱している人も居ます。添付書類に社員総会議事録が必要だと指摘されたり、本当は、理事会議事録の写しで大丈夫です。また、資産総額変更登記との同時申請は出来ないとかです。登記官も人間ですから仕方ないですけど。
事情を良く知らずに行くと正しいにもかかわらず出直しになるようなことにもなり兼ねませんね。
皆さんも気を付けてください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://banjoboy.blog.fc2.com/tb.php/9-547e31e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。