上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日久しぶりにバンジョーを引っ張り出して弾いてみた。やっぱり毎日弾いて居ないと駄目だね。当たり前だけど
スポンサーサイト
2013.05.30 ライブ映像
5月19日横浜で開催されたライブでの我々の映像です。前日の一回だけの練習でしたが、マアマアの出来だったのではないかと思います。マイクの使い方にもう少し工夫が必要かも知れません。
この映像は、キングストントリオの「This Little Light」と云う曲です。ダブルバンジョーで演奏しました。勿論キングストンはバンジョー一本ですけどね。この曲の前に「Worried Man」と云うダブルバンジョーの曲を演奏したのでその勢いでキーも2フレットカポでした。
ライブコンサート
全部で5曲演奏しました。天気が心配でしたが夕方まで何とがもってくれました。夕方からは当然希望者だけでの慰労会(飲み会)で盛り上がりました。
暫くキングストンの新曲にチャレンジしていなかったのですが、あるフォーク団体で新メンバーと出会いコンサートのみのバンドを結成することになりました。
そこで新曲に挑戦しようと現在奮闘中です。でも、好きなことなので楽しいですよ。
勿論、昔演奏していた曲も含めて見直しています。
バンジョー曲6曲、ギター曲4曲です。

キングストンのバンジョー演奏はスリーフィンガーピッキング以外に自分のソロ、全員でのハモの時にはフィンガーピックを指にはめた状態でストローク奏法に切り替えます。慣れないと指に付けたフィンガーピックが弦に引っかって上手くストロークできません。でも、コツをつかめば軽快なストローク演奏が出来ます。コーラス時の演奏などには抜群のリズム感と迫力があります。

私が通常演奏するバンジョーのチューニングは、オープンGチューニングですが、たまにオープンDチューニングでも演奏します。
楽しく新曲を含めてチャレンジしていきます。
学生バンド時代

先日の写真が余りにも大きすぎたので再度アップします。もう約50年近く前の写真です。
毎日キングストントリオのコピーをしてました。今のようにCDで、色々な再生機能が無かった時代です。
レコード盤に何度も何度も針を落として、スピーカに耳をつけてレコード盤が擦り切れるまで聴きながらコピーをしました。
今考えるとものすごい忍耐力と情熱でしたね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。